2012.03.23 Friday

日高村の地名

0

    出典:「土佐の地名」(土佐史談会)よりの抜粋が、
    仁淀川流域交流会議の仁淀川財産目録 のHPにて紹介されています。

    日下の地名
    ◆くさか(日下)
    下分に鎮座する小村天神は日下村の総鎮守。国宝の環頭大刀を秘蔵する国史見在社として古くから重んじられてきた。
    この小村天神を中心に日下之別府(べふ、別の宮符)荘園は開発されたのであろう。日下村史はいう。
    「日下諸ニ多シ皆、仁徳天皇の皇子日下ノ王ノ子代民ヲ置カシタル部落ノ跡ナルガ如シ」。
    これは「高知県歴史年表」の「吾川郡(後、高岡郡)日下郷ニ小村天神を祀る。二宮とする」の投影したものであろうか。
    二ノ宮に対する従五位上の贈位は、村落支配の補強工作とみられる。
    小村天神の祭神は、天武天皇と女帝持統天皇のあいだに生まれた草壁皇子。
    その御名代(みなしろ、ミは接頭語)が日下之別符荘園だった。
    皇子の私有地というわけ。「くさかべ」の地名は、岡山県3,愛知県2,兵庫県、鳥取県、香川県、熊本県などに各1ヶ所ずつ現有する。
    進出先だろう。日下部(くさかべ)の部は、代民(しろたみ)つまり部落の部にほかなるまい。

    ◆いもせ(妹背)
    地検帳の記載に「イモセ宮ノ前。イモセ名、イモヤ太夫、イモセヤシキ」などがみえる。
    小村天神ゆかりの二柱を祀った妹背宮の名残であろうか。
    「わがせこを大倭へ遣るとさ夜更けてあかとき露にわが立ち濡れし」(万葉百歌)。
    大津皇子の姉の歌らしい。上代、女の兄弟の側からみて男兄弟を「せ」と呼び、男の側からみて女兄弟をすべて「いも」と呼んだ。そういう意味の「せこ」だから姉が弟の身を心配した歌ということになるが、妹背宮の場合は妻をさしたのだろう。
    「妻を称ひて妹と偽るは、盍し古の俗か」といわれ「せこ」の意味するものは単純なものではなかったらしい。
    現代の夫婦、「夫」と「婦」についてのべよう。漢字の夫という字は、大の字型の人間が頭の所に一線を加えて冠をかぶったさま(またはマゲをゆったさま)を示したものであるという。
    婦は、女プラス帚の組み合わせで成る。
    年中お掃除に追いまくられているので、祭壇を清めるハケが付いた。婦−付−服−伏−副とも近く、言うなれば婦というコトバは、夫に体をすり寄せひたと離れず付いているよき伴侶、そう説かれる。
    宿毛市沖ノ島の古名、妹背島のロマンスに関しては今昔物語をみてほしい。

    ◆とかじ(戸梶)
    戸梶家の系図に次のようにみえる。「日下村之内戸梶部落に浪居数代ニテ佐川深尾氏ニ仕官シ斗賀野村エ住スル故ニ戸梶ト改姓シ代々居住・・・・・」。
    トガ(栂)の木の所在を苗字にしたというのだろう。苗字は多くの地名によるといわれる。

    ◆たふく(田福)
    日下川の流末、右岸山手のムラ。「置奈分、タフク」(地検帳)とみえる十三筆六反三十二代でなる。
    深田ではないが上田だと作人はいう。田とフクジの合意による田福であろう。
    「誠に王気相応の福たるにや」(神皇正統記)とあり「フジヂ、肥沃なる土地」(日葡辞書)とある。川ぞいの肥えた土地を奄美大島ではフクジとよぶ、「フクはただ水のほとりの意であったかもしれぬが、水田を拓くことができるので福地と今は解せられる・・・・・・愛知県豊橋市の神明宮の正月行事には、福地方(ふくじかた)と乾地方(かんじかた)にわかれて年占が行われ、同県の西部あたりでは、クロフクジの作は上出来といわれる」。タフクは、上田の呼び名とみてよかろう。

    ◆えじり(江尻)
    そのかみの「日下之内江吊村」で日下川の流末を意味する。鎌倉の初め富士の裾野で父の仇を討ち、捕らえて殺されたという曾我五郎が肌身につけていたという大刀を祭る神跡が残る。
    瀬上りの異名をもつ小刀は細身の護身用、鎌倉初期を下らぬ名刀と鑑定されたといわれている。

    能津の地名

    ◆のつご(野津子)
    地検帳に「ノツコノ森リ内外かけて、能津ノ村、下山畠ヤシキ、能津左兵衛居」。
    ノツゴの類名は多い。「あしひきの谷山こえてノヅカサ(野豆可佐)に今は鳴くらむうぐいすの声」。
    山部赤人は詠んだ。−野阜(のづかさ)や一と株の茶の花ざかり−作句もされた。
    ノツゴの森は、野原にある小丘。野をつかさどる野神の在所でノツカサ−ノツゴと転じたように思われる。
    原野をひらくにあたり、まず抱かれた野神に対する心情に牛馬の息災を願うこころが結びついた民俗のあらわれであろうか。
    京都の祇園社、八坂神社祭神とされているゴズテンノウ(牛頭天皇)は、もと祇園精社の守護神といわれ薬師如来、さらにスサノオノミコトのすいじゃく(神の仮の姿)とみられる。
    能津を名のる家名や村名じたい、ノツゴの宮の別名「能津天皇」に起こると考えられないだろうか。

    加茂の地名
    ◆いわめじ(岩目地)
    「ほら、あそこに岩がありますろう。あれですらあ」。年輩のお百姓さんが説明してくれた。
    立岩信仰にもとづく岩目地(南路志)だなと思った。「つらけれど人にはいはずいはみがた怨みぞ深き心ひとつに」(宇治拾遺)。
    石見国(島根県)の石見潟は、岩礁が多く、イハミ(岩海)になったといわれる。
    イワミジ−イワメジの変化であろう。

    2012.03.23 Friday

    日高村の歴史

    0

      日高村広報 2004年10月号より 村の主な出来事が記載されていました。
      日高村制施工50周年記念誌 にはさらに詳しい年表が掲載されています。

      昭和29年  10月15日合併。人口7,926人
          30年   日高村佐川町学校組合教育委員会設立
          31年   日高村財政再建団体に指定
                  加茂中学校が高知県中学野球選手権大会準優勝
          33年   小村神社の金銅荘環頭大刀国宝に指定
          34年   財政再建のため競馬組合結成
          35年   岡花駅開設
          36年   日下川放水路隧道(西田)が完成
          38年   台風9号来襲で神母樋門が大破
                  日高村役場加茂支所が閉鎖
          39年   日下、能津、加茂の農協が合併
          40年   神母樋門改修補強工事竣工
          41年   村章制定、日高村役場新庁舎落成
                  能津中学校県中学ソフトボール大会で優勝
          42年   日高村商工会が設立、日高音頭誕生
          43年   県道柳瀬、越知線開通
          44年   県立日高養護学校開校
          45年   台風10号により千本杉の並木倒伏
                  日下駅無人駅化、バス路線廃止(沖名、能津)
          46年   能津名越屋沈下橋が完成
          47年   台風9号で神母樋門が故障、100ha冠水
          48年   仁淀消防組合ができ、役場内に常備消防配属
          49年   日高村農協会館、仁淀消防組合日高分署落成
          50年   能津第1、第2、鴨地小学校閉校し、能津小学校開校
                  台風5号で大災害(死者25名、家屋全半壊141戸)
                  能津へきち保育所が開所
          51年   東部保育園落成、佐川高校日下分校閉校
                  柱谷に仁淀川中央清掃組合ゴミ処理場が完成
                  台風17号で連年災害(床上浸水423戸)
          52年   日下川放水路トンネル工事着工
          53年   日下、能津中学校が閉校し、日高中学校開校
      昭和54年   日高中学校が高知県吹奏楽コンクールで金賞
                  日高村の花、木、鳥選定
                 (コスモス・ドウダンツツジ・シラサギ)
          55年   加茂、能津保育園舎、能津出張所新築落成
                  日下・加茂土地改良区発足、県営ほ場整備事業起工
          56年   日高中学校が高知県冬季中学サッカー大会で初優勝
          57年   日下川放水路トンネル竣工
          58年   日高中学校が県下中学春季バレーボール大会初優勝
          59年   日下小学校改築、日下川調整池工事着手
          60年   加茂中学校改築、日高村商工会新築    
                  妹背―能津間の農免道路の舗装完成
          61年   NHKのど自慢開催(日高中体育館)
                  新日高音頭「ふるさと日高」誕生
          62年   神母樋門改築工事竣工
          63年   柳瀬橋落成、JR日下駅改築、社会福祉センター落成
       平成元年   加茂小学校改築、能津公民館落成
                  第1回コスモス花文化フェスティバル開催
            2年    日高村連合青年団がよさこい祭り初参加
            3年    本郷多目的集会所(さんさん市)落成
            4年    日高村産業郷土資料館落成
            5年    第5回全国日高サミットが日高村で開催
            6年   県道谷地日下停車場線2車線化猿田まで完成
                    村制40周年記念式典で村民憲章制定
            7年   村福祉バス運行スタート
            8年   日高村総合運動公園落成、日下保育園が移転改築
            9年   視覚障害者養護老人ホーム「土佐くすのき荘」が開所
                  第1回全国こどもメダカフェスティバル開催 
          10年   県民みどりのつどいが村運動公園周辺で開催
                  日高村保健センター、日下小学校プール落成
          11年   日下小学校体育館改築、村立図書館開館
          12年   特別養護老人ホーム「コスモスの里」が開所
                  岩目地ふれあいプラザ(公民館)新築
          13年   NHKのど自慢開催(日下小体育館)
                  能津地区若者定住住宅(夢団地)完成
                  全国社会人サッカー選手権大会開催
          14年   よさこい高知国体サッカー、ゴルフ競技開催
          15年   産廃住民投票が実施され、賛成多数で施設設置へ
          16年   佐川町・日高村合併協議会設置

      2012.03.23 Friday

      日高村について

      0

        日高村位置情報
        位置 高知県高岡郡日高村本郷61番地1
        東経 133度22分34秒
        北緯 33度31分54秒
        標高 19.4m
        総面積 44.88km2
        南北 9.2km
        東西 10.0Km

        推計総人口 5,294人(2012年2月1日)
        1970年から約1000人減っています。

        地勢
        高知県のほぼ中央部で、高知市より西に16kmのところに位置し、北部から東部にかけては石鎚山に源を発する清流仁淀川が流れ隣接のいの町との境をなしています。
        村の中央部には佐川町に源をもつ日下川が西から東に貫流し、仁淀川に合流しています。
        北では標高530mの妙見山を中心とした能津山脈が仁淀川の南岸に沿って走り、
        また南では標高440mの大堂山から西に山地がのびており、
        これら北と南の山地に囲まれ盆地状態となった中央部にはJR四国土讃線及び国道33号線が東西に走り、沿線には宅地や農耕地も広がり、村の中心となっています。

        1954年(昭和29年)10月15日 - 日下村、能津村と加茂村の一部が合併し、日高村が成立。
        村名は「日本」と「高知県」から1文字づつ取ったことに由来しています。



        2012.03.22 Thursday

        ガイドのいろは

        0
          ガイド心得
          印象は、最初の見た目とあいさつで、8割は決まります

          ◆あいさつ・自己紹介

          印象は、最初の見た目とあいさつで、8割は決まります
          身だしなみは大丈夫ですか?
          脱帽一礼・大きな声で『こんにちは!』
          ここでこれからすること・今の季節見えるものなど。
          出会いの第一歩から『歓迎します』の感謝の気持ちとおもてなしの気持ちを込めて。
          自分なりの言葉や表現で構わないので、パターンを作っていきましょう。

          お客様との会話のキャッチボール
          お客様の立場に立った話し方を心がけ、会話を楽しむ・楽しんでもらうよう心がけましょう。
          問いかけやクイズなどを行うのもよいでしょう。
          五感を使って色々なものを感じてもらいましょう。
          お客様のタイプ・ニーズも様々ですので、お客様の志向性を読み取って、
          求められているものに応じられるように、経験を積んでいきましょう。
          村の宝を正確に伝えるのはもちろんですが、何を感じて欲しい・何を伝えたいかなど
          自分の思いを伝えるも大事な要素です。

          ◆守らなければならないこと
          ・人数確認
          ・体調の確認
          ・トイレなどの気遣い
          ・危険なことなど厳守事項の伝達
           お客様の靴など装備や、当日のフィールドの状況を見てコースを選択する必要もあるかもしれません。
           催行時間は厳守です。ツアーに組み込まれている場合、後の行程もありますのでオーバーしないようにしましょう。

          ◆ガイドの終わりには
          人数確認・体調やケガなどないかの確認後、
          『お疲れ様でした』の言葉と共に、またお会いしたい・別の季節にもぜひ来て欲しいなど
          また村に訪れて頂きたい思いを、感謝の気持ちを込めて伝えましょう。
          バスので来られた場合など見えなくなるまでお見送りしてあげると、お客様の印象にも深く残るものです。

          ◆全体で準備するもの
          ツアー団体の情報・ツアーやコースの確認
          参加者名簿・保険加入の必要性の確認
          代金収受の確認
          お弁当やお茶・コーヒー・季節の食などのおもてなし準備

          ◆個人で準備するもの
          身だしなみ・ユニフォーム
          拡声器やタブレットなどの充電など問題ないか?
          おじゃみや見せたいもの・体験してもらいたいメニューの準備など
          スポット・季節にあわせた情報の準備

          ◆体験メニュー(食)
          日下川調整池のフットパスでの食なら次のようなものが考えられます。
          ミゾソバ・コスモス・マツヨイグサ・アジサイ(花の天ぷら)
          カンゾウ(新芽の酢味噌和え・バター炒め・花の天ぷら)
          ツユクサ(花のゼリー・若葉の和え物・わさびおろし・卵とじ)
          クローバー(花の甘酢あえ。葉のかきあげ)
          しいの実(パンやクッキーにしたり、その場でフライパンで炒って食べるのもおもしろい)
          メダカのいる田んぼのお米のおにぎりやどんぶりと組み合わせたり
          いたどりやクレソン・セリ・アブラナ・菱の実など。
          摘み草料理でもてなすのも良い体験になりそうです。

          ◆実際ガイドの流れ
          あいさつ:
          自己紹介
          お客様の情報(お名前、どこから来られた?どうやってここを知った?)
          ルート(体験内容)時間・説明
          体調等の確認
          トイレ等説明
          軽く準備運動

          例:
          みなさん、おはようございます。
          今日は、日高村に来てくださり、ありがとうございます。
          本日、日下川調整池をご案内させていただく□□です。よろしくお願いします。
          (ルート・見所説明)
          時間は××。○時位には戻ってくる予定です。
          特に厳しいルートはありません。皆さん体調はいかがでしょうか?
          トイレはココ(地図)にあります。
          皆さんのお名前と、どこから来られたかを教えてください。

          では、歩きだす前に少し準備運動しましょう。

           

          2012.03.21 Wednesday

          水害の歴史と治水工事

          0

            「日高村の歴史は水害の歴史」言われるように、私たちの祖先の血と汗の闘いの後が刻み込まれています。
            日高村に大きな被害をもたらした昭和50年の5号台風
            1975年(昭和50年)8月17日、5号台風が日高村を襲う。
            被害の大きさは、死者25名、負傷者37名、家屋の被害(全壊、半壊、床上浸水など)1915件。
            翌76年にも17号台風で日高村は浸水などの被害が出ました。
            災害から命とくらしを守るために、調整池や放水トンネル、神母樋門などの整備が進められました。



            日下川放水路
            地図

            S57年2月に130億円の巨額費と5年間の歳月を要して完成した「日下川放水トンネル」は、毎秒130トンの最大通水能力があります。
            この「日下川放水トンネル」の完成後、日高村では大きな水害は起こっていません。





            神母樋門(いげひもん)
            地図

            仁淀川の水が、洪水の時に逆流しないように樋門をつくってきたが、人々の努力の甲斐もなく、大水の度に流され、何度となく作り替えられました。

            S38年 台風9号来襲で神母樋門が大破
            S40年 神母樋門改修補強工事竣工
            S47年 台風9号で神母樋門が故障、100ha冠水
            S62年 神母樋門改築工事竣工

            日下川調整池
            地図

            日高村は、役場付近の海抜は20m弱ですが、最も低い地帯が「日下川調整池」一帯です。
            もともとは、少しの雨でもすぐ浸水するという、湿地帯でしたが、現在では約14ヘクタールの県内最大級の内陸型湿地と言われており、動植物の宝庫として有名です。




            Calendar
                 12
            3456789
            10111213141516
            17181920212223
            24252627282930
            31      
            << December 2017 >>
            Selected Entries
            Categories
            Archives
            Recent Comment
            Links
            Profile
            Search this site.
            Others
            Mobile
            qrcode
            Powered by
            30days Album
            無料ブログ作成サービス JUGEM