<< ひなまつり 生放送 | main | 宮地宜蔵の碑 >>
2012.03.19 Monday

日吉神社と町田旦龍生家跡

0

    地図

    日吉神社
    勧請年月縁起沿革未詳、古くより能津の長畑地区の産土神で明治五年村社の列せられた。戦後の宗教法人法によって登記されました。
    日吉神社も四社神社とともに11月14日に祭りを行っています。
    神社の階段の途中には昭和20年の大洪水時の水位を示す碑(日高村教育委員会の設置)が置かれており、この水位を考えると能津の道は宮ノ谷から小浜あたりの道路は水につかったと考えられます。

    町田旦龍生家跡
    町田旦龍は安政5年(1858)12月に能津村長畑の医師の子として生まれる。19歳で医術業試験に合格。さらに上京して眼科を専門に研究、23歳で帰郷し高知市に町田眼科を開業。
     この時代はまだ高知に専門眼科医がいなかった時代で、また東京から新しい医療器具をいれていたことなど画期的な病院だったそうです。また、政治にも関心を示し、病院経営だけでなく高知市会議員・県会議員・を歴任し45歳の時には衆議院議員となっています。
     晩年は高知市長浜の精神保養病院を譲り受け新しく「精華園」を作る。昭和11年(1936)高知県の医療史に多くの功績を残した町田旦龍は78歳でその生涯を閉じた。現在、町田旦龍の生家跡には記念の碑が建てられており、春にはきれいな桜が咲く場所でもあります。

    お地蔵さま
    長畑地区にはいってすぐ左側に大きな椋の木があり、その下に地蔵堂がある。藩政初期、幡多郡中村より、中村姓を名乗る、七戸の人たちが、ここ長畑に移住して来ました。
    「中邑八幡七神」の祠と「元禄二年」と刻まれた古墓の外に、詳しいいわれはわからないが、その時一族の人達が背負ってきたのがこの地蔵尊であると言われています。

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << April 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM