<< 能津城跡 | main | 星神社 >>
2012.03.19 Monday

仁淀川と名越屋沈下橋

0
    地図

    仁淀川
    仁淀川は西日本最高峰の石鎚山に源を発し、四国山地を南へと下りやがて土佐湾へと注ぎ込む、流域面積1560km2 ・ 延長124劼硫論遏5般鄒遏∋曜十川に次ぐ四国第三の大河です。
    国土交通省の公表で、河川の水辺利用率で全国一位(2000・2006年)
    一級河川の平均水質(BOD値)ランキングで全国一位(2010年)となりました。
    夏場ともなると川辺はキャンプ客や釣り人で埋まり、川面にはカヌーや川漁師の小船がのんびりと浮かんでいます。

    名越屋沈下橋
    名越屋沈下橋は現在、仁淀川にかかる沈下橋のなかでは最下流のもので、また、最も長い橋です。(長さ191m)
    以前は上流の柳ノ瀬と宮ノ谷をつなぐ沈下橋もありましたが、現在の柳ノ瀬橋ができ際に柳ノ瀬〜宮の谷の間にかかっていた沈下橋は取り壊されました。
    現在、仁淀川には名越屋の沈下橋を最下流のものとして、片岡沈下橋、浅尾沈下橋、中仁淀沈下橋などの沈下橋が架かっています。
    仁淀川流域は日本でも年間降雨量が最も多い地域にあたり、しかも短期間に集中して降ることが多いため、川の氾濫による橋の流出はめずらしいことではありませんでした。
    そこで考え出されたのが洪水時に水没することを前提として架けられた沈下橋です。しかし、近年道路道路整備などによる架け替えによって姿を消しつつあります。




    S46年竣工記念碑

    屋形船仁淀川
    名越屋沈下橋の上流で、2012年より屋形船事業が計画されており、新たな観光スポットとして期待されています。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM