<< 妙見神社 | main | 秋森(若宮)神社 >>
2012.03.21 Wednesday

弥勒堂

0
    地図

    中村と江尻の境にある山道を登っていくと、いくつかの墓地を越えて、弥勒堂につきます。
    このお堂には、村の文化財である弥勒菩薩座像が祀られています。
    この像は、昭和四九年と平成二年の二回にわたる県の調査がおこなわれ、平安時代の楠の一木造り背刳りでることが判明しました。
    弥勒堂には、もう一つ不動明王立像が安置されているが、両像とも残念なことに、明治初期に風雨にさらされ、湿気にさらされて、風化と損傷が非常に激しくなっています。
    なお、この弥勒如来は、五六億七千万年後に、この世に来て、人々を救ってくれるといわれている仏です。
    不動明王は、如来の教えに背く衆生(心を持つすべての存在、人々)の悪をくじいて強化する仏です。
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM